【映画】かみさまとのやくそく~あなたは親を選んで生まれてきた~【口コミ】

2019-06-21

今回は、私が次女の妊娠中に見て、超絶感動した映画を紹介したいと思います。

信じるか信じないかはあなた次第!

映画『かみさまとのやくそく』とは

ママのお腹の中にいたときや、それより前のことを2〜4歳の子どもが覚えているという『胎内記憶』をテーマに、胎内記憶研究の第一人者、池川明医師をはじめとした専門家や、子どもたちに取材したドキュメンタリー映画です。

 

↓予告編です

 

この予告編を見ただけでもウルっときた方、いるんじゃないでしょうか?

先日、人工授精の末ようやく赤ちゃんを授かった友人にこの予告編を見せたら、ポロポロ涙を流して「これ絶対見に行く!」と言っていました。

 

この映画は、映画館で上映されているものではなく、自主上映会という形で日本各地の公共施設などで上映されています。

上映時間は93分。
料金は主催者によって異なり、無料〜2,000円程度です。

 

私が映画『かみさまとのやくそく』を見た感想

2013年、次女の妊娠中に名古屋市某所で開催された上映会に1人で行きました。

観客は約50名程度、妊婦さんやご夫婦、子連れの方がいました。

上映が始まると、会場内からは鼻をすする音が。
ハンカチ、ティッシュ、必須です。

 

私もボロボロ泣いてしまいました。

私が産んだ子供たちが、なぜ私たち夫婦のところにきてくれたのか。
私がかつて子供として、毒親の元に生まれた意味はなんだったのか。

色々な思いが巡り…今見てもまた泣いてしまうと思います。

 

全然面識もない子供たちが、それぞれ語る胎内記憶や生まれる前の記憶が一致しているんですよ。不思議ですよね。私自身はそういう記憶はなくとも、本当にそういう世界があるんじゃないかという気がします。生命って不思議。

魂を揺さぶる映画でした。

 

映画『かみさまとのやくそく』を見た方の感想

胎内記憶があるとかは、半信半疑だったけれど、これを見て納得できた。
自分で選んできたということに、びっくりした。
もっと、自由に生きようと思った。(10代 男性)

引用元:かみさまとのやくそく公式サイト

老若男女、問わずにみられる作品。
大人にとっては人生を考えさせられる内容だし、思春期の子には、自分の存在意義を自覚できるので、いい内容だと思いました。
ぜひ、他の人にも勧めたいと思いました。(40代 男性)

引用元:かみさまとのやくそく公式サイト

小学生の子どもがいますが、子育てがつらく、子どもと向き合えず、人生にも向き合えない自分が、いました。
この映画を見てから、人はなぜ生まれてくるのか、魂レベルで、人間の存在をとらえることができ、我が子が、自分の人生を選んで生まれてきたと知り、感慨深いものが、ありました。
我が子だけでなく、自分にも当てはめて考えることができ、人生をラクに、前向きにとらえられるように、なりました。(40代 女性)

引用元:かみさまとのやくそく公式サイト

 

まとめ

「こんなスピリチュアルな話信じられないわ〜」という方もいるかもしれませんが、医学博士や大学教授や幼児教育の専門家などが大真面目に研究していますし、真面目な解説もありますのでなかなかに興味深いですよ。

妊娠中、妊活中、子育て中、育児に疲れている方、自分に自信がない方、自分の生きる意味を知りたいという方にぜひ見ていただきたいオススメの映画です。

 

必要な人が、必要なタイミングでこの映画に出会えますように…☆ミ

 

かみさまとのやくそく公式サイト https://norio-ogikubo.info