私が尊敬する人物4人【宗教家、音楽家、治療家、実業家】

私たちが人生でつまづいた時には、わらにもすがる思いで何かに救いを求めます。

この記事では私自身が人生でつまづいた時に気づきを与えてくれた、尊敬する人物4人を紹介します。

私が尊敬する人物4人

①釈迦

釈迦(しゃか)は、紀元前5世紀前後の北インドの人物で、仏教開祖である。

引用元:Wikipedia

 

いきなりビッグネームからの登場です。日本人でお釈迦様のことを知らない人は限りなくゼロに近いと思われるほど、超有名人ですよね。

 

お釈迦様の尊敬しているところは、ほぼノーヒントにも関わらずこの世の仕組みに気が付いちゃった点です。

現代みたいに、たくさんの本やインターネットもなく、科学も発達していなくて、交通の便も良くない時代に生きていたので、限られた人や情報にしか出会えないのに、いろいろと試行錯誤してたら、この世の本質に気付いちゃったんですよ。

いや、すごすぎません?天才かよ?

しかもその気付きって、2020年以上経った今でも全然通用していますしね。

 

でも残念なのは、みんなにあんまりお釈迦様の教えが伝わってないところですね。「色即是空、あらゆるものには実体はない」とか言われても「は?実体あるし」とかなって、なんか小難しいんですよね。あーマジでもったいない。学校の道徳の授業で教えればいいのに。そしたら人生で無駄に苦しむ人が少し減るんじゃないかなーと思っています。

 

 

 

②高見沢俊彦

高見沢 俊彦(たかみざわ としひこ、本名および筆名:髙見澤 俊彦1954年4月17日 – )は、日本シンガーソングライターギタリスト音楽プロデューサーである。愛称は”たかみー”

引用元:Wikipedia

 

日本最年長バンド『THE ALFEE』のリーダー、ロングヘアーにド派手なギターとド派手な衣装の”たかみー”です。

たかみーの尊敬しているところは、類稀なるクリエイティブ能力があるにも関わらず、驕り高ぶることなく、いつでも自分らしく地道に活動している点です。

たかみーはTHE ALFEEのほぼ全ての楽曲とその他の楽曲合わせて、約400曲の作詞作曲を担当しています。

400曲ですよ?メロディーも歌詞も全て違うんですよ。すご過ぎません?
1から何か作品を作り上げることをしている方だったら、このすごさをわかってもらえるはず。

音楽の才能、詞を書く才能、コツコツ努力を続ける才能、全てを持ち合わせているのがすごい。

 

さらに、芸能生活46年の大御所にも関わらず、謙虚なんですよね。だから他の芸能人の方とも仲良しなんですよね。

どこかのアーティストみたいに、ライブ会場が満席にならないからって、絶対帰ったりしないですよ。たとえお客さんが1人でもライブをしてくれるでしょうね。

才能も、富も、名声もあるのに謙虚ってかっこよ過ぎませんか。あと、単純に顔が好みです????

 

 

 

③臼井甕男

臼井 甕男(うすい みかお、1865年8月15日1926年3月9日)は、現在レイキとして世界中に広まっている手当て療法を中心とした民間療法の一種「臼井靈氣療法」(臼井霊気療法)の創始者である。

引用元:Wikipedia

 

『レイキ』という言葉に馴染みがない日本人は多いと思われますが、アメリカやヨーロッパでは辞書に載るレベルでメジャーな言葉です。

レイキは気功のようなもので、自然治癒力を高めるためのエネルギー療法です。怪しいと誤解されることもありますが、そんなことはありません。怪しい新興宗教でもありません。

臼井先生は瞑想の末レイキの能力を授かり、レイキを世界に広めた人です。

私は2007年頃にパニック障害を発症しました。パニック障害を何とかして治したくて、色々模索していたところ、レイキに出会い、習いました。

 

臼井先生の尊敬しているところは、レイキを独り占めせず、みんなで『安心立命』(心を安らかにして身を天命にまかせ、どんなときにも動揺しないこと。)を目指して生きていくために尽力したところです。

例えば、よくある新興宗教の教祖様を想像してみてください。「私は天から特別な能力を授かった、特別な人間だ。私の能力の恩恵を受けたいものは私を崇めろ。」という感じですよね。いわゆる”魔境に入る”というやつですね。人間ってとても弱く愚かな生き物だから、天から特別な能力を授かったりしたら普通は慢心しがちです。

身の回りでもいますよね?確かにすごい能力の持ち主だけど、自慢ばかりでとっても残念な人。

臼井先生は自らの在り方で安心立命の道を示してくださり、臼井先生が亡くなって90年経った今でもレイキ実践者に慕われる存在です。

 

 

 

④斎藤一人

斎藤 一人(さいとう ひとり、1948年8月3日 – )は、日本実業家。「銀座まるかん」の創業者。

引用元:Wikipedia

 

「ついてる」で超有名な人だけど、素顔は謎(講演会でしか見られない)という不思議な社長さんです。このネット社会で素顔が流出しないって奇跡に近いですよね。

 

一人さんの尊敬しているところは、生きていく上で大切なことを、ユーモアたっぷりに、時に熱く、わかりやすく語ってくれるところです。

落語を聞いてるような感覚に陥ります。楽しく学べる話ができるってすごい。一人さんはいつも「私は中卒だから」とおっしゃっていますが、めちゃくちゃ頭良い人ですよね。やっぱ世の中学歴じゃないわ。

私も一度でいいから講演会に行ってみたいな。

 

 

尊敬する人物は理想の自分像

“尊敬する人物は理想の自分像である”と何かの本で読んだことがあります。

 

私の場合、上記4名の尊敬する人物を総括して考えてみると、

・その人ならではの個性的な才能を持っている
・慢心することなく、世のため人のためにその能力を発揮し、分け与えている
・成功者となってもなお淡々と長年努力し続けている
・多くのファンに信頼され慕われている
・仲間はいるが、基本、個人プレーである
・世間一般でいういわゆる低学歴ではあるが、頭脳明晰である
・世間一般でいういわゆる変わり者である
・争いを好まず、調和的態度である

こういった共通点を発見しました。

 

まさしくドンピシャで、私もそういう人でありたいと心から思っています。

 

まとめ

私はこの4人に限らず、尊敬している人は他にもたくさんたくさんいますが、全ての人を挙げたらきりが無いので、レジェンド級の4人だけご紹介しました。

あなたがもし今、人生につまづいていたり、自分を見失ってしまっているなら、尊敬する人を書き出して、その人達の共通点を探してみると、何かが見えてくるかもしれませんよ。